ヘアサロンに関する情報が満載!

Hair Cut Salon

ヘアサロンでカットをお願いする時は

ある程度の年齢になったら誰でも行くようになる、ヘアサロン。
しかし、自分と気が合う美容師さんや、希望通りにカットしてくれる美容師さんに巡り会える可能性はなかなか低いようです。
思っていたのと違うヘアスタイルになってしまった、と、全て終ってから後悔したり、気分を害さないように、美容師さんにはヘアスタイルの希望を細かく伝えましょう。
例えば、長さに関して伝える時は、自分が言う「2センチ」と、美容師さんがイメージする「2センチ」は違ったりするものです。
言葉で言うだけでなく、指で長さを示すなどして、カットしてもらいたい長さをはっきりと相手側に伝えましょう。
雑誌などの切り抜きをヘアサロンに持って行き、美容師さんにイメージを伝えるのも良い方法です。
人気モデルの写真を持って行って見せるのは恥ずかしい、と思う人もいるようですが、美容師さんは慣れているので恥ずかしがることは全くありません。
ただ、漫画の人物のヘアスタイルは難しいようなので、実際の人間の写真を持って行くようにしましょう。

ヘアサロンのカット料金は2極化の傾向に

格差社会が進展するに連れ、ヘアサロンのカット料金も2極化の傾向が顕著になってきました。
いわゆるオプションを付けずに、カット料金の安さのみを売りにしているヘアサロンが需要を増やしているためです。
オプション無しなら税込み1,080円という料金が目安で、所要時間の短さもあり、ビジネスマンやОLなどに好評を得ています。
店側にしてみると、顧客1人当たりの単価は安くとも、回転が良く、大量に捌けることでメリットも大きいため、この手のチェーンが増えているのです。
ただ、オプションに関してはチェーンによって対応が分かれるので注意が必要です。
女性をメイン客にしている店の場合は、シャンプー、カラーなどのオプションを追加することができます。
一方で男性をメイン客にしているチェーンの場合はオプションを一切付けないチェーンもあります。
冠婚葬祭前とか特殊な場合は別として、通常は経費節約のため、カット専門店は欠かせない存在になっています。

recommend

塾選びに迷ったら松原団地

2018/8/28 更新

コピーライト